印刷職人のしごとばTOPICS

1冊の写真集が完成するまで 番外編 No.2

2018.2.15  1冊の写真集が完成するまで 

サンエムカラーが、作家の方と協力して
新しい写真集を作り上げるまでの様子をリアルタイムで
お届けするシリーズ「1冊の写真集が完成するまで」。
(過去の記事はコチラからお読みいただけます。)

実は、1月5日に「Wakayama Days」さんと
美術館ブックカフェ「BRING BOOK STORE」さんの共催にて
「狼煙の輪郭(のろしのりんかく)
〜写真家・照井壮平が25年追ってきた “熊野・高野” と書籍デザイン〜」
として、トークイベントが行われました。
その場に、光栄ながら弊社の担当前川も登壇させていただきましたので
遅ればせながら、レポさせていただきます!

場所は、和歌山県立近代美術館内の「BRING BOOK STORE」です。
黒川紀章氏設計の和歌山城を望むかっこいい建物の中にありました。

なんとエントランスに、狼煙が上がっていました!
書籍名にあわせた素敵な演出で、イベントにも期待が高まります。

和歌山カルチャーがぎゅっと詰まった素敵な書店、
BRING BOOK STORE」には、
ありがたいことにサンエムカラー印刷の書籍も。

70名もの方にお集まりいただいたそうですが、
贅沢なことに本物の紙焼きを触らせていただけるという
大盤振る舞いでした!写真家の照井さんに感謝。
印刷物と紙焼きを見比べることのできる貴重な機会です。

なんと「狼煙料理」付きのイベントでした。
「狼煙料理」とは出陣前のお食事をイメージされたとのこと。
アイデアいっぱいのイベント、さすがです。
(おいしかったです、ご馳走様でした!)

1部では写真家の照井さんのトークです。
照井さんの25年に渡る撮影の日々や
写真集ができるまでのストーリーを知ることができました。
小さい頃からの興味深いお話もしていただいて、
みなさん集中して聴いておられました。
(詳しくは、道音舎さんのFBをご覧ください)

2部は、クロストークです。
BRING BOOK STORE」主催の源じろうさんと。
和歌山のカルチャーを牽引しておられる源じろうさんと
和歌山を撮り続けておられる照井さんのお話で、
和歌山の祭りに行ってみたい!という気持ちになりました。

デザイナーの硲さんからは、
本ができるまでの構想段階からの話をみっちりと。
イメージから形にするまでの長い道のりのお話、
本当に興味深かったです。
ご自身が主催される出版社だからこそ、
ここまでこだわりの写真集ができたということや
お三方の情熱がものすごく入っていることがよくわかりました。

いよいよ前川の登壇のターンです。
柱の陰から見ながらドキドキしてしまいました。。。
面付けした状態の印刷物など資料を元にご説明させていただき、
かなりマニアックな内容でしたが、
興味を持って下さった方もおられたようで一安心。

次のターンでは、4名のクロストークや質疑応答でした。

夜も更け、狼煙も上がりきったところでトーク終了。
終了後に、参加者の方からサンエムカラーのブログを読んで
来てみましたと言って下さる来場者の方もおられて、
前川共々感激してしまいました。

アートブックシーンをもっと広げていきたい想いや
印刷物の深い世界をお話する機会をいただき、
照井さん、道音舎の北浦さん、硲さん本当にありがとうございました。
道音舎さんの次回作も、楽しみにしております!

 

京都ビジネス交流フェアにサンエムカラーが出展します

2018.2.14  お知らせ 

2月15日(木)、16日(金)に京都パルスプラザにて
開かれる「京都ビジネス交流フェア2018」に、
サンエムカラーが出展します。

当日は、ブースに弊社製品や技術の展示を設けるほか、
二日間を通して開催されるイベント「京・知恵舞台」の
一環として、弊社会長・松井勝美が「京都市オスカー認定企業」を
代表してスピーチを行います。


▲開催前日の今日、陳列が終わったところです。
サンエムカラーのブースはA-142、正面入り口より右側奥のエリアにあります。
期間中は常時スタッフがお待ちしております。お気軽にお越しください。

徐々に事業内容の展示の機会が増えてきていますが、
スピーチを通してサンエムカラーの考えを
お伝えできる機会は貴重です。
たくさんの方にお聞きいただきたいと思いますので、
お越しの方は是非、講演をお聴きいただけますと幸いです。

 

◯   ◯   ◯   ◯

京都ビジネス交流フェア

会場:京都パルスプラザ(京都府総合見本市会館)
期間:2018年2月15日(木)、2月16日(金)
入場無料

 

「京・知恵舞台」
株式会社サンエムカラー会長 松井勝美 スピーチ

時間:2月16日(金) 14:10〜
会場:京都ビジネス交流フェア 大展示場

◯   ◯   ◯   ◯

 

【2.17.追記】

おかげさまをもちまして、『京都ビジネス交流フェア2018』の出展を
無事終了することができました。

弊社会長・松井の講演に耳を傾けてくださった方も多く、
またひとつこのような場での企業PRの経験が増えたという点でも
充実した2日間になりました。

ブースにご来場いただきました皆様には厚く御礼申し上げます。
今後もイベント参加などの機会が生まれましたら、お伝えしたいと思います。

仁和寺展に行ってきました!

2018.2.10  展覧会・イベント情報 

前回の記事にてご紹介した東京国立博物館『仁和寺と御室派のみほとけ -天平と真言密教の名宝-』。
先日、サンエムカラーのスタッフが直接展示をチェックしてまいりました。
ということで、会期真っ最中の博物館の様子を少しお伝えしたいと思います。

 

展覧会の大きな見所のひとつ、仁和寺・観音堂内部の原寸大再現の展示室です。
壁画、柱の複製に加えて、堂内の実際の配置を再現した空間はまさに壮観といった雰囲気です。
この壁画は、サンエムカラーが画像修整、印刷を担当したものです。

展示室の構造は観音堂と同様で、展示台の横や裏に回って見ることができます。
壁画や仏像を間近で見たいときにはオススメの鑑賞ポイントです。

実物は非公開で一般の目に触れることもありませんが、この展示室は
仏像も含めて写真撮影が可能となっています。
弊社担当の壁画以外にも、貴重な仏像・文化財が続々展示予定です。
会期はまだまだ続きますが、展示替えもありますので、展示物の
スケジュールをチェックの上、是非足をお運びください。

 

◯展覧会公式HP◯

 

 

東博特別展『仁和寺と御室派のみほとけ ー天平と真言密教の名宝ー』

2018.1.30  展覧会・イベント情報 

東京国立博物館(東博)の2018年最初の特別展として
開催中の『仁和寺と御室派のみほとけ  -天平と真言密教の名宝-』にて、
サンエムカラーの印刷物が展示されています。

毎年春に「御室桜」と呼ばれる
遅咲きの桜に彩られることで知られる京都・仁和寺。
仁和4(888)年、当時の宇多天皇の元に完成した
歴史ある真言密教寺院です。

創建当時から伝わる阿弥陀如来坐像(国宝)や
仁和寺に送られた天皇直筆の書(宸翰)など、
建立からの仁和寺の歩みや皇室との関係をたどる
作品をはじめ、仁和寺を総本山とする全国各地の
御室派寺院ゆかりの名宝を一挙に公開します。
中には、一年のうち限られた期間のみ開帳される、いわゆる「秘仏」とされる
仏像も登場し、非常に貴重な空間となっています。

展覧会の大きな見どころのひとつとして、
僧侶の儀式・修行の場として一般の入堂が許されていない観音堂の堂内空間が、
内部壁画の複製と33体の安置仏により展示室に再現されています。

サンエムカラーでは、この観音堂壁画の
高精細複製の製作を担当しました。
15m四方の観音堂の内部には、内陣全てに
壁画(25面)が描かれていますが、これを株式会社サビア様が、
高精細で原寸スキャニングし、そのデータを弊社が修正・出力したものを、
会場で組み上げて再現しています。

展示室の内部を少しご紹介します。


▲設置中の状態。実際の展示では黒い壇の上に仏像が並んでいます。


▲柱に書かれた仏様の姿まで忠実に再現しました。


▲裏側に続く壁まで網羅しています。

通常は触れることができない堂内の空気を、等身大で
体感するまたとない機会です。
たくさんの方にご覧いただきたいと思いますので、
ぜひ足をお運びください。

サビア様のHPにも、本プロジェクトについて
詳しく解説されています。

 


 

特別展『仁和寺と御室派のみほとけ -天平と真言密教の至宝-』

会場:東京国立博物館 平成館
会期:開催中〜3月11日(日)
※会期中に展示替えがあります。

◯展覧会公式ホームページ◯

新春機材展 PrintDoors2018 終了しました

2018.1.29  お知らせ 

前の記事でお伝えした光文堂様主催「新春機材展 PrintDoors2018」、
おかげさまで盛況のうちに2日間を終えることができました。

サンエムカラーイチオシの技術である『燦・エクセル・アート®︎』や
『ギガピクセル・アートスキャナ』について、実際の製品を通して
広く知っていただける貴重な機会になったと思います。

特に、従来の印刷と弊社の製品の違いを実際に比較し、
技術を強く体感していただける展示を多く設けました。

▲一般的な印刷(175線)と1000線の違いを、拡大鏡で網点レベルで見ていただけるブースです。

▲『エクセル・ピコ・アート®︎』は、レプリカと
浮世絵の実物とを見比べていただきました。

展示だけではなく、周りの出展企業様の見学は
2日間では時間が足りないほど興味深く勉強させていただきました。

一方で、展示会の経験値の点でまだまだ修行が足りないとも感じたので、
今後もアピールの場を多く設けていくためにも精進したいと思います。

 

2日間ありがとうございました!

 

1 / 6812345...102030...最後 »