印刷職人のしごとば
京都 刷師 匠の世界
受賞しました
 

これまで培ってきた数多くの「業」は、
蓄積した技術力・経験の積み重ねによって生まれた製品です。
私たちはさらなる職人技の研鑽によって
高度な技術的発展を図ってまいりたいと思っております。

 
色校正

当社では写真集・図録等こだわりの作品集が多いこともあり、校正には万全の体制を構築し、ご要望にお答えしています。

 
 
 
印刷立合い

微妙な刷濃度の違い、カラーバランスの違い等は、印刷現場で可能な限り調整させて頂き、作り手の皆様とともに作品作りに挑む体制を構築しております。

 
 
 
ドラムスキャナへのこだわり

デジタルデータ入稿化の流れの中、当社では敢えてドラムスキャナの精緻さにこだわり、製版機器メーカーへ個別発注し、最新のドラムスキャナを導入、カラー原稿からの画像再現に関しても徹底追及しています。

 
 
 

モアレやロゼッタの発生が抑えられると共にガモット(再現可能な色の範囲)が広がり、鮮やかで細部の表現をシャープに再現することができます。

 
 
 

FMスクリーニング特色印刷で原本の持つ微妙な風合いを再現することに成功しました。

 
 
 

箔押上への印刷を可能にすることで、見る角度によって色調が変化。光のある印刷を実現しました。

 
 
 

金箔紙に濃淡のある印刷を実現することができます。

 
 
 

京の表具師、経師(きょうじ)、和本・色紙職人たちとのネットワークで、数多くの貴重な伝統工芸品を制作しています。

 
 
 

フルデジタル方式でダイレクトに染料インク8色を吹き付け、微妙な色彩を表現することが可能になりました。